ナーベーラーンブシー へちまのみそ煮

ナーベーラーンブシー ナーベーラー(へちま)というユニークな生では、昔、繊維sを利用しタワシを使って鍋を洗ったことから、ナービアラヤー(鍋洗い)と呼び、それがなまってナーベーラーになったから。あかすり用として知られるヘチマを「食べる」というと、びっくりする人が多いようですが、沖縄ではゴーヤーに並ぶ夏場の貴重なビタミン源です。 食用にするのは、開花して2週間ほどの幼い実。「買うときは、若くて小ぶりの […]

ラフテー 豚バラ肉の角煮

ラフターとは 沖縄の宮廷料理を代表するラフテー。沖縄版・豚の角煮のことで、豚の三枚肉(バラ肉)を箸でちぎれるほど柔らかく煮たもので、口にいれるとふわり、泡盛の香が広がります。昔は保存食として作られ、何度お温め直してひと月は食べたというラフテー。多めに作って細かく切って、どんぶりにチャーハンに、と裁量するのがもう一つの楽しみ方です。 ていにいに油抜きした豚肉は、以外にさっぱりした口当たり。甘辛の福網 […]

ハンダマ 水前寺菜

ハンダマの特徴 ハンダマは葉の表が実℃色、裏が紫色をしているのが主流ですが、裏表ともに緑色のものもあります。どちらも加熱するとぬめりができます。また、ジンジャーやシナモンのようなスパイシーな香りも特徴です。沖縄では、ハンダマは血の薬、不老長寿の薬といわれ、民間療法で活躍しました。期待できる効果は、ビタミンB2、ビタミンA、鉄分、ポリフェノールを多く含み、貧血や風邪予防、疲労回復に効果が期待できます […]

シマナー からしな 塩漬けにして保存もでき、利用頻度も高くなる野菜

シマナー からしなの特徴 シマナー からしなは別名チキナーともいわれ、風邪の予防、美肌、目、アンチエイジングにも役立つビタミンAのほか、100g中132mgと牛乳より多いカルシウムが含まれています。また、「発育のビタミン」といわれ、成長を促進し、皮膚や紙、爪などの細胞の再生や、口角炎、口内炎、舌炎などの予防にも役立つビタミンB2も豊富です。ほかにもビタミンC、カリウム、鉄分も含んでいるので消化促進 […]

ンジャナ ニガナ ほそばわだん 沖縄にも自生し古くから薬草おして利用

ンジャナ ニガナの特徴 独特の苦み風邪症状の緩和、胃腸不良の回復、産後の体力回復などに効果があるとされ、昔より薬草として認知されてきました。ビタミンCやビタミンA、カルシウム、カリウムを豊富に含み、葉には独特の苦みがあるのでスムージーなど青汁のようにドリンクにすれば、ゴーヤーのような夏バテ解消や風邪予防に役立つといわれています。また、ニガナに特に含まれるチコリ酸という機能性成分は、高い抗酸化力をも […]

フーチバー ヨモギ 肉汁や魚汁の臭い消し、風味づけにも利用

フーチバー ヨモギとは 食物繊維が豊富でビタミンAやカルシム、カロテン、カリウム、鉄分も豊富に含まれます。沖縄では昔から解熱、神経痛、リウマチ、胃腸病、高血圧に効果がある薬草として民間療法で用いられてきました。現在流通している市販の健康食品・青汁はヨモギの青汁から考案されたといわれています。公園や墓地などで野草かしている姿をよく見ます。薬用酒としての利用も多く、リキュールや泡盛につけるフーチバー酒 […]

ゴーヤーチャンプルー ゴーヤーと豆腐の炒め物

ゴーヤーチャンプルーとは チャンプルーには「炒める」という意味と「混ぜ合わせる」という意味があり、短時間で胃が通るものなら材料を選びません。沖縄の食堂で出されるチャンプルーを見ると、豚肉、綱、ポーク缶、キャベツ、もやしとあらゆるものが入っています。 ゴーヤーチャンプルーは、ゴーヤーの苦みと卵の甘みがマッチ。豆腐をしっかり焼きつけるのがポイントです。 ゴーヤーチャンプルーの主な材料 材料(4人分) […]

サーターアンダギー 沖縄風ドーナツ

サーターアンダギーとは 沖縄を代表するお菓子といえば、サーターアンダギー、素朴な味わいの揚げ菓子です。沖縄ではお祝いの席にも出されます。 サーターアンダギーは「サーター」が「砂糖」、「アンダギー」が「揚げ物」のことをいい、「砂糖天ぷら」といわれることもある。ちんすこうと並んで沖縄土産の定番となっているお菓子です。その昔砂糖は贅沢品であったため、お祝いの席でのみ食べられる貴重なお菓子であった。今でも […]

田芋 タイモ 宮廷料理にかかせない縁起物の沖縄伝統食材

田芋とは 田芋はサトイモの一種タイモは、インド、ネパールからマレー半島あたりが原産地で、沖縄へは中国、台湾から渡米したといわれています。この田芋は、インドネシア、パプアニューギニア、メラネシア、ミクロネシア、フィリピンなどでも常食とされています。田芋は、水芋ともいわれ、水田で栽培し、親芋とムジキ(ズイキ)を食用にします。芋は腐りやすいので、市場ではすでに蒸した物が売られています。また、親芋のまわり […]

アーサ ヒトエグサ 豊潤な磯の香りで食べ方いろいろ

アーサとは アーサは学名でヒトエグサといい県外でとれる海藻の一種アオサとは分類学上異なります。 アオサはほとんどが養殖でノリの佃煮や青のりなどに加工され流通していますが、沖縄のアーサは養殖だけではなく、海岸の岩に自生した天然のものも多く、香りもよいことで知られています。沖縄では昔から食用として親しまれており、生あるいは乾燥させたアーサを味噌汁の具として食するアーサ汁は、沖縄の代表的な料理の一つです […]

1 4

Overall Ranking

Category New Article