マンゴー アーウィン キーツ キンコウ 沖縄フルーツの代表格 贈答用として人気

マンゴー アーウィン キーツ キンコウ 沖縄フルーツの代表格 贈答用として人気

マンゴーとは

マンゴーは原産地とされえちるインドでは、4000年以上も前から聖なる果物として栽培されており、その品種は500以上。沖縄では1920年代に台湾から導入され、花粉が水に弱いため、ハウス栽培されています。

マンゴーの栽培品種は、アップルマンゴーとして人気が高い「アーウィン」。川が緑色の「キーツ」、サイズが大きい「キンコウ」など。ギリギリまで樹上で完熟させることができるため、なめらかでとろける果肉に濃厚な果汁、コクのある甘さ、芳香な香り、、、どれをとっても最高クラスで、輸入物とは味に各段の差が出ます。ビタミンAやベータカロテンを多く含み、美容効果も期待大。効果ながらも贈答用として人気を集め、今や沖縄を代表するフルーツとして君臨しています。

マンゴーの収穫量

マンゴーの収穫量は国内一の生産量を誇り、人気に伴い栽培面積は増産傾向。平成19年は年間約1、401t収穫。平成25年には全国シェア48%アップと、第一位の生産量。

・ウリシ科 マンゴー属

・主な産地:沖縄全域

・原産地:東南アジア

マンゴー選び方、保存方法

収穫したての物には、表面に粉状のプルームがついています。それが消えてか実が柔らかくなるまで、常温で追熟が必要。完熟後は冷蔵庫で保存します。

マンゴーの旬な時期

マンゴーの旬な時期は、7月~9月

マンゴーの食べ方

・マンゴープリン:牛乳、生クリーム、砂糖、粉ゼラチンにかけたマンゴーを加えて冷やし固めます。

マンゴーのご購入はこちら

 

沖縄の果物カテゴリの最新記事