シークヮーサー 食卓に欠かせないさわやかな酸味と香り

シークヮーサー 食卓に欠かせないさわやかな酸味と香り

シークヮーサーとは

シークヮーサーは奄美諸島から台湾にかけて自制する野生のみかんで、和名は「ヒラミレモン」。沖縄では芭蕉布を織りあげた際に、硬い布をシークヮーサーの果汁で洗浄して柔らかくしたことから、方言で「シー」は酸、「クヮーサー」は食べられる。を表します。

シークヮーサーは通常は青切りで収穫されるため、酸味が強いのが特徴です。刺身や焼き魚に絞ったり、醤油と合わせてポン酢にしたり、水やお酒などで割ったりと、レモンのような感覚で使われています。黄色に熟したものは甘みがあるので、そのまま食べたり、ジュースなどに加工されています。収穫期は初秋のため、青切りの果汁を瓶詰めにしたものが一般的です。最近の研究では「ノビレモン」という成分の抗酸化効果が注目され、健康食品としても人気を集めています。

・ミカン科 ミカン属

・主な産地:大宜味村、名護市

・原産地:奄美諸島、台湾

 

シークヮーサーの選び方、保存方法

緑色が濃く、皮にハリと光沢があるものを選びます。冷蔵庫で保存しますが、長期の場合は冷凍します。

シークヮーサーの旬の時期

シークヮーサーの旬の時期は、9月~12月(12月頃からフルーツ用)

シークヮーサーの食べ方

・シークヮーサードレッシング:シークヮーサーの絞り汁・塩、胡椒に、オリーブ油を少しずつ加えて混ぜ合わせる。

シークヮーサーのご購入はこちら

 

 

沖縄の果物カテゴリの最新記事