モズク スヌイ 全国シェア99%の驚異 沖縄の太モズク

モズク スヌイ 全国シェア99%の驚異 沖縄の太モズク

モズクとは

日本各地の沿岸に分布するモズクは、ナガマツモ目の海藻。方言ではスヌイやスヌリ。スヌールと呼ばれる沖縄のモズクは、本土のものに比べて太くて長く、適度な滑りと、しっかりした歯ごたえが特徴で、全国シェアの99%を占めています。現在市販されているモズクの殆どは、海藻網式の栽培場で養殖れており、4月から6月にかk生産の最盛期となります。

モズクの成分に含まれるフコイダンは、胃清癌や胃がんの原因とされている。ピロリ菌を、こいつけて、町へ押し流す働きがあるとされ、健康維持などが期待できます。また、ミネラルや食物繊維が豊富で身体に良く、セルロースやべクチンも含まれており、お肌にも最適、さらに食品としてだけでなく、美容用品や健康食品など加工品も幅広く活用されています。

・モズク科 オキナワモズク属

・沖縄方言名:スヌイ

モズクの選び方、保存方法

モズクは旬の時期に店頭で購入する際の生モズクは、適度に滑りがあるものを選びましょう。

モズクの旬の時期

モズクの旬の時期は、4月~6月

モズクの食べ方

・モズクの酢の物:多量の塩を加えた塩蔵品は、よく水で洗い流して塩抜きし、三杯酢をかけます。

モズクのご購入はこちら

沖縄の海藻カテゴリの最新記事