ゴーヤーチャンプルー ゴーヤーと豆腐の炒め物

ゴーヤーチャンプルー ゴーヤーと豆腐の炒め物

ゴーヤーチャンプルーとは

チャンプルーには「炒める」という意味と「混ぜ合わせる」という意味があり、短時間で胃が通るものなら材料を選びません。沖縄の食堂で出されるチャンプルーを見ると、豚肉、綱、ポーク缶、キャベツ、もやしとあらゆるものが入っています。

ゴーヤーチャンプルーは、ゴーヤーの苦みと卵の甘みがマッチ。豆腐をしっかり焼きつけるのがポイントです。

ゴーヤーチャンプルーの主な材料

材料(4人分)

・ゴーヤー(中)・・・1本(約600g)

・木綿豆腐(大)・・・1丁(約400g)

・卵・・・2個

・サラダ油(あれば豚の油=ラードを使うとコクが出る)

・塩、こしょう

ゴーヤーチャンプルーの作り方

①豆腐の水切りをする。豆腐はペーパータオルに包んでパットに乗せ、皿1~2枚をのせて1時間ほどおき、しっかり水きりする(ペーパータオルに包んで耐熱皿に入れ、ラップをかけずに電子レンジで約5分加熱してもOK)。400gの豆腐が約300gになる。水切り後は大きめの一口大に切る。

②ゴーヤーの下ごしらえ。ゴーヤーはへだを切り落として縦半分に切り、スプーンで種とわたを切り除き、厚さ3mmに切る。塩小さじ2程度をふって少しおき、水で洗ってよく絞る。卵は器に割ほぐしておく。

③豆腐を焼き付ける。フライパンにサラダ油(またはラード)大さじ2を中火で熱し、豆腐を入れる。豆腐はあまり動かさず、焼き色がついたら箸で返して両面を焼き付け、取り出す。

④溶き卵でとじる。同じフライパンにサラダ油(またはラード)大さじ1をたし、ゴーヤーを入れて炒め、色が変わったら豆腐を戻し入れ、さっと炒め合わせる。溶き卵を加えてひと混ぜし、塩で味をととのえる。卵が固まってきたら、鍋肌からしょうゆ少々を加えて全体を混ぜる。

 

沖縄の島野菜カテゴリの最新記事